メニュー

logo2

太陽光発電コラム

太陽光発電コラム

産業用太陽光発電のO&Mなら『新エネルギーサポーター』へ ~メガソーラーの運用・管理・保守を低コストでサポート~

産業用太陽光発電O&Mを行っている『新エネルギーサポーター』では、メガソーラー運用・管理・保守を低コストでサポートしています。

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構委託の「新エネルギーベンチャー技術革新事業」の成果を活用した最新の検査機器「SOKODES」などの最新メンテナンス専用機器の活用を研究・開発し、メンテナンスに必要な人手と時間を大幅に削減しました。

 

従来の点検手法では見逃しがちなモジュール故障を、確実に発見することができます。点検・駆け付け対応・障害対応・除草・日常管理までワンストップで対応致しますので、産業用太陽光発電のO&Mなら『新エネルギーサポーター』にお任せください。

 

太陽光発電の歴史

太陽光電池の基本的な原理は、1839年にフランスで発見されました。後の1958年には、アメリカNASAが発射した人工衛星ヴェンガード1号への搭載で実用化されました。この年は太陽電池元年と言われており、ここから太陽電池の普及が広まっていきます。日本で開発が開始されたのもこの頃です。

 

1973年に勃発した第4次中東戦争によって引き起こされた第一次石油危機で、日本国内では資源の枯渇によってエネルギー危機が訪れることが危惧されるようになりましたが、これをきっかけにして太陽光発電に注目が集まります。

 

次の年(1974年)には省エネルギーや石油の代替エネルギー開発の推進を目的とした「サンシャイン計画」が策定され、政府主導で太陽光発電産業が発展していきました。

そして1990代には日本が太陽電池の生産量世界1位を獲得、2012年に施行されたFIT法により産業用太陽光発電システムの普及が急速に拡大していったのです。

 

産業用太陽光発電のO&M(オペレーション&メンテナンス)なら
『新エネルギーサポーター』に相談を

産業用太陽光発電のO&M(オペレーション&メンテナンス)なら、『新エネルギーサポーター』をご利用ください。

『新エネルギーサポーター』では、全国100社の太陽光発電・オール電化の優良施工・販売店が集い、施工方法やメンテナンス方法を研鑽する「新エネルギー革命会」を主宰しています。

 

定期的に講習を開催して太陽光発電の施行・営業・O&Mについて学び、継続的に最新情報を入手することでスキルを更新し続けているため、お客様にクオリティの高いサービスを提供することができます。O&M専門会社として豊富な知識・技術・ノウハウ・全国のネットワークを武器にサービスを提供致しますので、ぜひご相談ください。

 

 g 07 02

 

 

新エネルギーサポーターへのお問い合わせ 03-5829-6424 メールでのお問い合わせ
再生エネルギー 太陽光発電協会 NEDO 資源エネルギー庁

メルマガ登録・解除フォーム過去のメルマガ見る

登録・解除はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

株式会社エナジービジョン O&M事業部
〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-9-3 池原ビル3階