メニュー

logo2

太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電所 メンテナンス最前線(フェンスの影編)

作成日:2018年08月07日(火)

 

『神は細部に宿る』という言葉があります。

細かいところまできっちり手を抜かず仕上げることが仕事の本質を高める、という具合に理解してますが、
太陽光発電所の設計・施工・メンテナンスにおいては、残念ながら手抜きが横行しています。
そんな“神が宿らない”発電所の事例を紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【太陽光発電のO&Mは、エナジービジョンが運営する全国対応『新エネルギーサポーター』にご相談ください。

『新エネルギーサポーター』では、低コストでしっかりとしたオペレーションとメンテナンスをご提案します。】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

フェンスの影

 

フェンスと太陽光パネルとの距離が近すぎると、上の写真のようにフェンスの影がパネルに掛かってしまうことがあります。

さすがに今の季節は太陽の位置が高いので、このようなことはないでしょうが、冬にはよく見られる光景です。

(もし夏でも影が掛かっていたら、かなりひどい発電所です(汗))

 

フェンスの影が掛かると、10%や20%平気で発電量は落ちます。

しかも直列でつながっているパネルすべてが一蓮托生で、

影が掛かっていないパネルがあったとしても、同じように発電量は引きずり落とされます。

 

土地の狭さ故という制約があったのかもしれませんが、フェンスの影がパネルに掛かる、というのは、

初歩的なミスです。

 

設計での手抜きを、現場でも見て見ぬふりして施工してしまった神が宿らない発電所と言われても仕方ないでしょう。

 

 

2018/8/7 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

産業用太陽光発電所のメンテナンス・不安のご相談はお気軽に『新エネルギーサポーター』まで(無料)

 

 

新エネルギーサポーターへのお問い合わせ 03-5829-6424 メールでのお問い合わせ
PVトレシススマホ用 再生エネルギー 太陽光発電協会 NEDO 資源エネルギー庁

メルマガ登録・解除フォーム過去のメルマガ見る

登録・解除はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

株式会社エナジービジョン O&M事業部
〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-9-3 池原ビル3階