メニュー

logo2

太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電O&Mブログ

再エネ比率 四国電力で100%達成!

作成日:2018年08月19日(日)

 

ISEP(認定NPO法人環境エネルギー制作研究所)の発表によると、

特定の日時に限定ですが、四国電力エリアで再生可能エネルギー比率が100%以上になりました!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【太陽光発電のO&Mは、エナジービジョンが運営する全国対応『新エネルギーサポーター』にご相談ください。

『新エネルギーサポーター』では、低コストでしっかりとしたオペレーションとメンテナンスをご提案します。】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

sikoku

 

 ISEPの解析によると、

・四国電力の自然エネルギー供給割合がピーク時(2018年5月20日10時から12時)に電力需要に対して最大100%以上に達した

とのこと。

 

同様に九州電力でも最大96%だそうです。

 

再エネ発電量のピーク時に、ほんの2時間程度だけ100%を超えた、ということにすぎませんが、

逆に言うと、この2時間は、再エネだけですべてまかなえた、ことになります。

 

再エネが主力電源として、着実に進化している、という証明ですね。

 

もちろん、これをもってすぐに、すべての時間で100%再エネ!、とならないのは重々承知しています。

再エネが発電しないときのバックアップをどうするか?、とか。

 

でも、ほんの数年前までは、

「太陽光発電?そんなお天気任せの気ままな発電なんて信用できない。まあ遊びだよね」

と言われて、継子扱いされていたことを思い起こせば、雲泥の差。

 

着実に進化しています。

この調子で進化していけば(というか、勢いがつくのでここからの進化はさらに早まる)

すべての時間が再エネ100%、という未来だって、それほど遠くないと感じます。

 

そういう壮大な夢を掲げて、実現するために衆知を集める、という動きが、

日本の活性化には欠かせないんじゃないでしょうか?

 

理想を掲げて、それに向かって努力する。

 

現状に満足して、できるだけ新しいことにチャレンジしない、という、

昔の成功体験に囚われた怠惰から、そろそろ目を覚ましましょうよ。

 

老人はそれでも良いけど、子どもたちには未来への希望が必要です。

 

 

2018/8/19 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

産業用太陽光発電所のメンテナンス・不安のご相談はお気軽に『新エネルギーサポーター』まで(無料)

 

 

新エネルギーサポーターへのお問い合わせ 03-5829-6424 メールでのお問い合わせ
PVトレシススマホ用 再生エネルギー 太陽光発電協会 NEDO 資源エネルギー庁

メルマガ登録・解除フォーム過去のメルマガ見る

登録・解除はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

株式会社エナジービジョン O&M事業部
〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-9-3 池原ビル3階