メニュー

logo2

太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電 災害による損害発生時の保険の考え方

作成日:2018年09月07日(金)

 

今回の台風でも太陽光発電所に甚大な被害が発生しています。

災害による損害発生時の保険の考え方をまとめておきます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【太陽光発電のO&Mは、エナジービジョンが運営する全国対応『新エネルギーサポーター』にご相談ください。

『新エネルギーサポーター』では、低コストでしっかりとしたオペレーションとメンテナンスをご提案します。】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

f9dfd640dd1d7123a43e0616ff9d7b79 m R

 

まず、被害に苦しんでおられる皆様には、1日も早い復旧をお祈り申し上げます。

 

保険を考える上で、大前提として、

・自然災害は誰のせいでもない

ということを忘れないでください。

 

誰のせいでもないからこそ、「保険制度」で被害をカバーする、という考え方です。

 

電柱が倒れたり、家が飛んだり、山が崩れたりするような被害が発生している時に、

太陽光発電所だけが平気でいられる訳はありません

どんな台風にも耐えられるように作ることは不可能です。

(コスト面も考えると現実的ではない)

 

ただし、少しの風で飛んでしまったり、普通の雨で土砂流出してしまうような太陽光発電所の場合、どうでしょう?

初期費用を減らすだけ減らして、本来必要な強度を持っていない発電所だったら?

 

それを保険でカバーすることは、逆に、適切な費用をかけて作った、まっとうな発電所と比べて、不公平ではないでしょうか?

 

実際、自然災害保険の免責条項の中に、

・本来有すべき性能を持っていない場合は免責

という内容が書いてあります。

 

「その被害は災害で受けたものではなく、作りが悪かったから。ちゃんとした発電所だったら被害を受けなかったはず」

と言われ、保険金が下りない危険性がある、ということは知っておいた方が良いでしょう。

(激甚災害の場合は、そう言われる可能性はかなり低いでしょうが)

 

まっとうな発電所を作ること、これが保険でのリスクヘッジを考える上でも大切です。

 

→つづく

 

  

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「施工店がO&M需要を獲得する方法」無料セミナー 9/26 福岡にて開催←先着30名、お早めにお申し込みください!

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

2018/09/07 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

産業用太陽光発電所のメンテナンス・不安のご相談はお気軽に『新エネルギーサポーター』まで(無料)

 

 

新エネルギーサポーターへのお問い合わせ 03-5829-6424 メールでのお問い合わせ
PVトレシススマホ用 再生エネルギー 太陽光発電協会 NEDO 資源エネルギー庁

メルマガ登録・解除フォーム過去のメルマガ見る

登録・解除はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

株式会社エナジービジョン O&M事業部
〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-9-3 池原ビル3階