メニュー

logo2

太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電 災害による損害発生時の保険の考え方 (2)

作成日:2018年09月08日(土)

 

今回の台風でも太陽光発電所に甚大な被害が発生しています。

災害による損害発生時の保険の考え方をまとめておきます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【太陽光発電のO&Mは、エナジービジョンが運営する全国対応『新エネルギーサポーター』にご相談ください。

『新エネルギーサポーター』では、低コストでしっかりとしたオペレーションとメンテナンスをご提案します。】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

f9dfd640dd1d7123a43e0616ff9d7b79 m R

 

太陽光発電所の保険は、主に次の3種類があります。

1.自然災害保険

2.第三者への賠償責任保険

3.売電損失を補償する保険 

 

災害で発電所が壊れてしまった場合に、それを直すのが、1.の自然災害保険です。

ごく一般的な火災保険などのイメージです。

 

風でパネルが飛んで、隣の発電所にぶつかって損害を与えてしまった時に、

弁償するための費用をカバーする保険が2.賠償責任保険となります。

 

ただし、災害でパネルが飛んだ場合は、2.は免責となります。

「自然災害は誰のせいでもない」という原則が適用されるからです。

 

パネルが飛んでしまった原因として、設計ミス、施工ミス、管理ミスなどがある場合に、

2.賠償責任保険を使える、と考えてください。

 

では、パネルが飛んできて被害を受けた側は、どう考えたら良いでしょうか?

 

やはり「災害は誰のせいでもない」ので、

被害を受けた側が入っている(はずの)1.自然災害保険で カバーする、というのが原則となります。

 

こう考えると、1.自然災害保険は、絶対に入っておくべき保険だと言えますね。

 

→つづく 

  

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「施工店がO&M需要を獲得する方法」無料セミナー 9/26 福岡にて開催←先着30名、お早めにお申し込みください!

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

2018/09/08 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

産業用太陽光発電所のメンテナンス・不安のご相談はお気軽に『新エネルギーサポーター』まで(無料)

 

 

新エネルギーサポーターへのお問い合わせ 03-5829-6424 メールでのお問い合わせ
PVトレシススマホ用 再生エネルギー 太陽光発電協会 NEDO 資源エネルギー庁

メルマガ登録・解除フォーム過去のメルマガ見る

登録・解除はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

株式会社エナジービジョン O&M事業部
〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-9-3 池原ビル3階