メニュー

logo2

太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電O&Mブログ

再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会が9月12日に開催されました

作成日:2018年09月16日(日)

 

経済産業省が、「第8回 総合資源エネルギー調査会 省エネルギー・新エネルギー分科会/

電力・ガス事業分科会 再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会」を

9月12日に開催しました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【太陽光発電のO&Mは、エナジービジョンが運営する全国対応『新エネルギーサポーター』にご相談ください。

『新エネルギーサポーター』では、低コストでしっかりとしたオペレーションとメンテナンスをご提案します。】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

keisan16

 

この小委員会で検討した内容が、今後の国のエネルギー施策となっていきますから、注目せざるをえません。

 

ポイントとしては、

・いかに太陽光発電のコストダウンを加速するか

・そのために入札の対象規模を拡大することを検討する

という点です。

 

今は2000kW以上の規模が入札対象ですが、それより小さな発電所も入札制にすることでコストダウンを加速できるのでは?

と検討しています。

 

日本のトップランナーとの比較で、まだまだコストダウンが必要、という見解ですが、

その発電所、ほんとにきちんと作られているのか?、技術的な面で検証しているんでしょうか?

 

トップランナーのコストが、

いい加減な部材でいい加減に作った、長持ちしない、単なる安物の発電所ではない、という検証はしてほしいところです。

 

「長期安定的に発電する」には、まっとうな発電所を作ることと適切なメンテナンスをすることは欠かせません。

 

安さだけにかまけて、長持ちしない、危険な発電所が主流になってしまったとしたら本末転倒です。

 

企業努力でコストダウンすることは、もちろん大切ですが、

『悪貨は良貨を駆逐する』という状態に陥ったとしたら、真面目な施工店ほど続けられなくなり、

将来の太陽光業界を支えるべき人材が流出する、という心配があります。

 

 

 /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「施工店がO&M需要を獲得する方法」無料セミナー 10/30東京にて開催 ←今すぐお申し込みください!

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

2018/9/16 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

産業用太陽光発電所のメンテナンス・不安のご相談はお気軽に『新エネルギーサポーター』まで(無料)

 

 

新エネルギーサポーターへのお問い合わせ 03-5829-6424 メールでのお問い合わせ
PVトレシススマホ用 再生エネルギー 太陽光発電協会 NEDO 資源エネルギー庁

メルマガ登録・解除フォーム過去のメルマガ見る

登録・解除はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

株式会社エナジービジョン O&M事業部
〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-9-3 池原ビル3階