メニュー

logo2

太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電事業者(低圧)が『自分でできるメンテナンス』(書類の確認編)

作成日:2018年09月17日(月)

 

低圧太陽光発電所のメンテナンスは、発電事業者とO&M業者の共同作業です。

(高圧発電所の場合は、電気主任技術者も加わります)

すべてO&M業者に任せきり、では、コストが高くなりすぎますから、

できるところまでは自分でやって、足りないところをO&M業者に任せる、という考え方が良いでしょう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【太陽光発電のO&Mは、エナジービジョンが運営する全国対応『新エネルギーサポーター』にご相談ください。

『新エネルギーサポーター』では、低コストでしっかりとしたオペレーションとメンテナンスをご提案します。】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

093165

 

太陽光発電事業者が自分でできるメンテナンスとして、ひとつ重大なものを忘れてました。

「完成図書」の確認です。

 

太陽光発電所を作るには、さまざまな申請や許認可が必要です。

それらの書類が本当に揃っているか?、確認します。

また、発電所自体の設計図や部材ごとの説明書、完成時の点検結果なども手元にあるはずのものです。

 

これらは通常、完成時に施工店より「完成図書」としてまとめて受け取ります。 

ところが低圧発電所の場合、発電事業者が所有していないことが非常に多くなっています。

 

「施工店に任せてあるから大丈夫」ではありません

 

実際、不具合が発生して修繕しようとして、初めて完成図書がないことに気づき、

施工店に連絡したところ、すでに倒産していて「完成図書」を入手できない、という事例があります。

 

あとから「完成図書」を揃えるのはかなりの出費を覚悟してください。

 

まずは手元に「完成図書が」揃っているのか?、自分で確認しましょう。

 

先般公表された「事業評価ガイド」を使うと便利です。

P6にまとめられている「必要図書一覧表」を参考に、ぜひとも確認しておいてください。

 

手元にないと、後で必ず困りますよ!

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「施工店がO&M需要を獲得する方法」無料セミナー 10/30東京にて開催 ←今すぐお申し込みください!

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

2018/9/17 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

産業用太陽光発電所のメンテナンス・不安のご相談はお気軽に『新エネルギーサポーター』まで(無料)

 

 

新エネルギーサポーターへのお問い合わせ 03-5829-6424 メールでのお問い合わせ
PVトレシススマホ用 再生エネルギー 太陽光発電協会 NEDO 資源エネルギー庁

メルマガ登録・解除フォーム過去のメルマガ見る

登録・解除はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

株式会社エナジービジョン O&M事業部
〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-9-3 池原ビル3階