メニュー

logo2

太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電の『理想のO&M』とは?

作成日:2018年09月25日(火)

 

太陽光発電はメンテナンスが必要です。

では、どのようなO&Mが理想なのでしょうか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【太陽光発電のO&Mは、エナジービジョンが運営する全国対応『新エネルギーサポーター』にご相談ください。

『新エネルギーサポーター』では、低コストでしっかりとしたオペレーションとメンテナンスをご提案します。】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

1fa0ffe504717a0f938873ad1cb67b41 s

 

世の中にあるものはすべて壊れます。

太陽光発電も例外ではありません。というか、常に直射日光にあたり紫外線にさらされ、

雨風も受けるという過酷な状況に置かれているのですから、

大概のものよりも故障が多くても仕方ないのでは、と同情したくなります。

 

実際、よく壊れてます

家電製品の故障率は1%もあったら大変なことだと思いますが、

太陽光発電所の故障率は軽く1%は超えるんじゃないでしょうか?

 

ということで、太陽光発電所は壊れることを前提として運用すべきなんですが、

そうならば、理想的なO&Mとはどのようなものでしょうか?

 

まず発電所の規模によってO&Mの考え方を変えるべき、と言えます。

住宅用と低圧、高圧のそれぞれで、やるべきO&Mはまったく違う、と考えてください。

 

太陽光パネルがあってパワコンがあって、という基本原理はどれも同じなので一緒くたに考えがちです。

でも、出せる費用が全然違いますから。

 

O&M費用の目安としては、売電金額の5%前後と言いますが、

住宅用なら1万円/年前後、

低圧で10万円/年前後、

高圧1MWだと200万円/年前後となります。

 

これだけ費用の差があると、同じ内容でスケール感を変えるだけ、なんて具合にはいきません。

必然、住宅用、低圧用、高圧用と、まったく別の内容でO&Mプログラムを組むことになります。

 

→つづく

  

 /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「施工店がO&M需要を獲得する方法」無料セミナー 10/30東京にて開催 ←今すぐお申し込みください!

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

2018/9/25 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

産業用太陽光発電所のメンテナンス・不安のご相談はお気軽に『新エネルギーサポーター』まで(無料)

 

 

新エネルギーサポーターへのお問い合わせ 03-5829-6424 メールでのお問い合わせ
PVトレシススマホ用 再生エネルギー 太陽光発電協会 NEDO 資源エネルギー庁

メルマガ登録・解除フォーム過去のメルマガ見る

登録・解除はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

株式会社エナジービジョン O&M事業部
〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-9-3 池原ビル3階