メニュー

logo2

太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電O&Mブログ

PV EXPO関西にてメンテナンスセミナー 発電事業者の意識とは?

作成日:2018年09月29日(土)

 

9月26日~28日までPV EXPO関西にて、一般社団法人新エネルギーO&M協議会による

メンテナンスセミナーを開催しました。

毎日12:20~13:20と15:00~16:00までの2回、合計6回やりました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【太陽光発電のO&Mは、エナジービジョンが運営する全国対応『新エネルギーサポーター』にご相談ください。

『新エネルギーサポーター』では、低コストでしっかりとしたオペレーションとメンテナンスをご提案します。】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

42508310 1035694926613473 8722390906667270144 o 1

 

毎回、30名ぐらいの方が参加していただけました。

全6回ですから、単純計算で180名ほどのご参加です。

 

アンケート結果から、参加者の属性はおよそ割が販売・施工店、4割が発電事業者、2割がメーカー・商社など、という感じです。

 

発電事業者のアンケートでは、次のような声が上がっています。

「管理不備を痛感した」

「初めて知ったのですが、メンテナンスの重要性を考えさせられるものでした」

「メンテナンスを設置業者に委託しているが、その保証、信頼性について20年という長い期間であり不安がある」

「適切なO&Mメニューとは?」

「どのぐらいの期間で、どの程度までやれば良いのか分からない」

「業者が信頼できるか?」

「保険はどこまで必要か?」

 

発電事業者に、メンテナンスの必要性や具体的なサービス内容が伝わっていない

ということがよく分かります。

 

メンテナンスを売る側から、

「発電事業者がO&Mの必要性を理解してくれない。費用を負担してくれない」

という話をよく聞きますが、

・正しく説明できているのか?

・伝える努力をしているのか?

自社の取り組みを振り返って見る必要がありますね。

(自省を込めて)

 

O&Mの必要性を感じておらず、具体的なサービスのイメージも湧かなければ、

発電事業者は費用を払いたくないと考えるのが当然です。

 

自分の身に置き換えて考えると、

・欲しくもない、なんだかわからない商品には1円だって支払いません

当たり前です(笑)。

 

業界全体で、発電事業者向けの啓発をやるべきなんでしょうね。

O&Mの必要性に気付くことは、発電事業者のメリットにもなるのですから。 

 

O&M協議会でも、おいおいやっていきたいテーマです。

一緒にやりたい、という方、ご連絡お待ちします!

 

→つづく

 

 /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「施工店がO&M需要を獲得する方法」無料セミナー 10/30東京にて開催 ←今すぐお申し込みください!

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2018/9/29 エナジービジョン 代表取締役(一般社団法人新エネルギーO&M協議会普及推進委員) 奥山 恭之

産業用太陽光発電所のメンテナンス・不安のご相談はお気軽に『新エネルギーサポーター』まで(無料)

 

 

新エネルギーサポーターへのお問い合わせ 03-5829-6424 メールでのお問い合わせ
PVトレシススマホ用 再生エネルギー 太陽光発電協会 NEDO 資源エネルギー庁

メルマガ登録・解除フォーム過去のメルマガ見る

登録・解除はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

株式会社エナジービジョン O&M事業部
〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-9-3 池原ビル3階