メニュー

logo2

太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電の『理想のO&M』とは? (5)

作成日:2018年10月05日(金)

 

太陽光発電は壊れることを前提に運用すべきです。

そうならばメンテナンスが当然必要となりますが、

 それでは、どのようなO&Mが理想なのでしょうか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【太陽光発電のO&Mは、エナジービジョンが運営する全国対応『新エネルギーサポーター』にご相談ください。

『新エネルギーサポーター』では、低コストでしっかりとしたオペレーションとメンテナンスをご提案します。】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

1fa0ffe504717a0f938873ad1cb67b41 s

 

昨日は、 

設計時の判断が、O&Mコストに直結するという一例を紹介しました。

似たような話で、施工時のちょっとした手抜きがメンテナンス費用を一気に上げることがあります。

 

例えば、ボルトのマーキングです。

以前のブログはこちら。)

 

施工時にマーキングをしていれば、その後のボルトの緩みを把握するのに、目視でできます。

でも、マーキングがなければ、すべてのボルトの増し締めをしてみなければ分かりません。

 

ちなみに、ボルトがどのくらいで緩むのか?、ですが、どうやら2~3年で緩む、という話が出始めています。

思いの外、早いぞ、と。

 

大きく緩む前に気づきたいところですが、マーキングがあれば、目視でできるので大したコストにはなりません。

でもマーキングがなければ、全数検査は大変な金額になります。

(結果、抜き取り検査となることがほとんどですが)

 

これも施工時のちょっとした手抜きが、O&Mコストを一気に上げてしまう例と言っても良いでしょう。

 

→つづく

 

 /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「施工店がO&M需要を獲得する方法」無料セミナー 10/30東京にて開催 ←今すぐお申し込みください!

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2018/10/5 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

産業用太陽光発電所のメンテナンス・不安のご相談はお気軽に『新エネルギーサポーター』まで(無料)

 

 

新エネルギーサポーターへのお問い合わせ 03-5829-6424 メールでのお問い合わせ
PVトレシススマホ用 再生エネルギー 太陽光発電協会 NEDO 資源エネルギー庁

メルマガ登録・解除フォーム過去のメルマガ見る

登録・解除はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

株式会社エナジービジョン O&M事業部
〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-9-3 池原ビル3階