メニュー

logo2

太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電の『理想のO&M』とは? (6)

作成日:2018年10月06日(土)

 

太陽光発電は壊れることを前提に運用すべきです。

そうならばメンテナンスが当然必要となりますが、

 それでは、どのようなO&Mが理想なのでしょうか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【太陽光発電のO&Mは、エナジービジョンが運営する全国対応『新エネルギーサポーター』にご相談ください。

『新エネルギーサポーター』では、低コストでしっかりとしたオペレーションとメンテナンスをご提案します。】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

1fa0ffe504717a0f938873ad1cb67b41 s

 

設計時の判断が、O&Mコストに直結するという例を紹介してますが、もうひとつ。

 

初期費用の削減だけを重視して、遠隔感システムを設置しないと、大損することはほぼ確定的です。

20年間、発電所が何のトラブルもなく発電し続ける、そんな訳ありません

 

遠隔監視が付いていないと、

1.発電が止まっても気付かない

2.発電が減少していても気付かない

3.発電の履歴がないので、トラブル時の障害対応に時間と費用が掛る

 

 1.2.については、以前のブログで書いてます。

・もしも遠隔感システムが付いていなかったら

・もしも遠隔感システムが付いていなかったら(2)

 

3.についてはどうでしょう?

具体的に考えてみましょう。

 

「一ヶ月間の発電量が前年比70%に減ってしまった(電力会社からの購入通知で分かった)。どうにかして!」

 

上の現象から想定できる発電量下落の原因としては、

・天気が悪かった

・草木が伸びて影が掛かるようになった

・電圧上昇抑制が発生している

・子ブレーカーがトリップしている

・パワコンが故障している

・ストリングが断線している

・パネルが故障している

などさまざま想定でき、複合的に原因が絡み合っていることもあります。

 

障害対応は、もつれた糸を解きほぐしていくような作業です。

ひとつずつ原因と思われることを試しながら、本当の原因を突き止めていきます。

 

まずは、あまり費用が掛からないことから試しますが、

遠隔監視の過去データがないと「天気が悪かった」のかどうか分かりません。

 

もし本当の原因が「天気が悪かっただけ」だとしても、遠隔監視がなければ分からないので、

現地に行って点検するしかありません。

 

1回現地に行って、電気的点検をすれば数万円~数十万円(発電所の規模により変動)掛かります

それをやった結果、「異常なし、天候が原因」となったとしたら、バカらしくないですか?

 

20年間の内に、そのようなことが10回あったとしたら?

低圧発電所で1回の点検が7万円だとすると、10回で70万円の無駄

1MWの発電所で1回の点検が100万円だとすると、10回で1,000万円の無駄

 

遠隔監視さえ付けていれば、この無駄金、防げたかもしれません。

  

設計時にコスト削減だけを考えた結果、O&Mコストを一気に引き上げてしまう例と言っても良いでしょう。

 

 

また、無駄金になるのを嫌がって「多少の発電量下落ならわざわざ点検しなくてもいいや」となりがちです。

でも、それを長い間放置すると、もっとひどい損になります。

 

30%の下落が1年間続いたとしたら、

・1MWの発電所なら、年間約1,200万円の損

・500kWなら、同じく600万円の損

・250kWなら、同じく300万円の損

・50kWなら、60万円の損

 

手に入るはずだったこれだけの金額が、消えてなくなったとしたら、発電事業として収支合いますか?

 

ちなみに、発電事業者が気づいていないだけで、このような「消えた売電金額」はかなりの金額になるのでは?、と思っています。

 

→つづく

 

 /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「施工店がO&M需要を獲得する方法」無料セミナー 10/30東京にて開催 ←今すぐお申し込みください!

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2018/10/6 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

産業用太陽光発電所のメンテナンス・不安のご相談はお気軽に『新エネルギーサポーター』まで(無料)

 

 

新エネルギーサポーターへのお問い合わせ 03-5829-6424 メールでのお問い合わせ
PVトレシススマホ用 再生エネルギー 太陽光発電協会 NEDO 資源エネルギー庁

メルマガ登録・解除フォーム過去のメルマガ見る

登録・解除はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

株式会社エナジービジョン O&M事業部
〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-9-3 池原ビル3階