メニュー

logo2

太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電の『理想のO&M』とは? (7)

作成日:2018年10月07日(日)

 

太陽光発電は壊れることを前提に運用すべきです。

そうならばメンテナンスが当然必要となりますが、

 それでは、どのようなO&Mが理想なのでしょうか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【太陽光発電のO&Mは、エナジービジョンが運営する全国対応『新エネルギーサポーター』にご相談ください。

『新エネルギーサポーター』では、低コストでしっかりとしたオペレーションとメンテナンスをご提案します。】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

1fa0ffe504717a0f938873ad1cb67b41 s

 

設計時の判断が、O&Mコストに直結するという例を紹介してますが、ついでにもうひとつ。

 

以前も紹介しましたが、パネルの一面設置も、設計時の判断がO&Mコストを増大させることに直結します。

 

太陽光発電所は壊れることを前提に運用すべき、という考え方の正反対な設計方針です。

壊れると思ってないんでしょうね(汗)。

 

一面設置の問題点は、

・太陽光パネルや架台の不具合を発見しづらい

・不具合を発見しても交換等の対応に高い費用が掛る

の2点です。

 

太陽光パネルの不具合には、パネル内部の故障の他に、飛来物によるガラス割れや、

汚れによる発電量低下、MC4コネクタの接触不良、断線など、さまざまあります。

 

架台の不具合としては、ボルトの緩みが最も気になります。

 

これら不具合を未然に発見し、大事故につながらないように点検をしますが、

4段組架台などと比べて、一面設置の場合は、アレイの上部がかなりの高所になるため、

通常の方法では点検ができません

 

高所作業車等が必要になり、その分のコストが余計に掛かります。

ただそれも高所作業車が発電所内に入ることができれば、ですが。

入れない場所は少なくないでしょう。

 

そうなると足場を組むなどが必要で、なおさらコストが嵩みます。

結果、点検をしない、もしくは適当な点検でごまかす、ということになります。

 

また仮にパネルの不具合を発見できたとしても、交換するためのコストが同様の理由から嵩みます。

 

普通の架台なら1枚のパネル交換は数万円というところですが、

足場を組めば、追加で足場費用が10万円以上は掛かるでしょう。

 

年に1枚パネルを交換したとすると、20年で20枚、単純計算で200万円以上の足場費用が余計に掛かります。

 

確かに、1面設置をすると4段架台などに比べて発電量は増えます。

設置枚数が増やせるのですから当然ですが、果たして、その売電金額増加分と、

O&Mへの諸々の悪影響(費用面もそうですが、しっかりした点検をできないことも含めて)とを比較した時、

どちらが有利なのか?、は個別の事例ごとによく考えた方が良いと思っています。

 

→つづく

 

 /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「施工店がO&M需要を獲得する方法」無料セミナー 10/30東京にて開催 ←今すぐお申し込みください!

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2018/10/7 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

産業用太陽光発電所のメンテナンス・不安のご相談はお気軽に『新エネルギーサポーター』まで(無料)

 

 

新エネルギーサポーターへのお問い合わせ 03-5829-6424 メールでのお問い合わせ
PVトレシススマホ用 再生エネルギー 太陽光発電協会 NEDO 資源エネルギー庁

メルマガ登録・解除フォーム過去のメルマガ見る

登録・解除はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

株式会社エナジービジョン O&M事業部
〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-9-3 池原ビル3階