メニュー

logo2

太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電O&Mブログ

自然災害保険の保険料を下げる方法?

作成日:2018年10月18日(木)

 

太陽光発電のO&Mにおいて、保険を適切に掛けること、も重要なポイントです。

しっかりリスクを考えて、必要最低限の保険を選び、リスクを担保しながら発電所の運用費を減らします。

でも、やり過ぎ?は気をつけたいものです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【太陽光発電のO&Mは、エナジービジョンが運営する全国対応『新エネルギーサポーター』にご相談ください。

『新エネルギーサポーター』では、低コストでしっかりとしたオペレーションとメンテナンスをご提案します。】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

722900

 

ある発電事業者から、太陽光発電所の自然災害保険について相談を受けました。

(エナジービジョンは保険代理店でもあります)

 

 ・発電所の購入金額(保険対象外の造成費等は除いた金額)は2,000万円(税込み)

・保険料を下げるために、保険金額を1,000万円に抑えたい

・1,000万円を超えるような損害はまずない。ならば上限1,000万円出れば、それで良い

・そうすれば保険料もほぼ半額になる

 

一見、理にかなっているように見えますが、大きな誤解があります。

 

保険対象物の価値(=保険価額と言います)が2,000万円なのに、保険金額を1,000万円とするのは、「一部保険」と呼ばれています。

この例は、保険価額に対して保険金額を50%に抑えています。

 

このような保険の掛け方をした場合、事故時の保険金支払額は減額されます。

 

例えば、保険金が支払われる事故で、修繕に200万円の費用が掛かった場合、

保険価額に対しての保険金額の比率(この場合50%)を200万円に掛けたものが保険金支払額になります。

 

つまり、修繕に200万円掛かったのに、保険金は100万円しか支払われない、ということになります。

100万円は自腹で払うしかありません。

 

保険金額1,000万円まで掛けていれば、修繕費がそれ以下の場合、全額が支払われる、と考えるのは誤解です。

 

そのような保険料の減らし方(=「一部保険」)については、 保険会社も気付いていて、すでに対策済み

「一部保険」で得することは出来ない制度になっています。

 

 /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「施工店がO&M需要を獲得する方法」無料セミナー 10/30東京にて開催 ←今すぐお申し込みください!

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

2018/10/18 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

      ※エナジービジョンは一般社団法人新エネルギーO&M協議会 普及推進委員です

 

産業用太陽光発電所のメンテナンス・不安のご相談はお気軽に『新エネルギーサポーター』まで(無料)

 

 

新エネルギーサポーターへのお問い合わせ 03-5829-6424 メールでのお問い合わせ
PVトレシススマホ用 再生エネルギー 太陽光発電協会 NEDO 資源エネルギー庁

メルマガ登録・解除フォーム過去のメルマガ見る

登録・解除はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

株式会社エナジービジョン O&M事業部
〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-9-3 池原ビル3階