メニュー

logo2

太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電所 メンテナンス最前線(フェンス編)

作成日:2018年10月19日(金)

 

『神は細部に宿る』という言葉があります。

細かいところまできっちり手を抜かず仕上げることが仕事の本質を高める、という具合に理解してますが、
太陽光発電所の設計・施工・メンテナンスにおいては、残念ながら手抜きが横行しています。
そんな“神が宿らない”発電所の事例を紹介します。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【太陽光発電のO&Mは、エナジービジョンが運営する全国対応『新エネルギーサポーター』にご相談ください。

『新エネルギーサポーター』では、低コストでしっかりとしたオペレーションとメンテナンスをご提案します。】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

IMG 4980

 

2017年4月に施行された改正FIT法で、太陽光発電所はフェンスの設置が義務付けられました。

 

でも、まだフェンスが付いていないとか不適切なフェンスである、などの発電所がかなり多いようです。

先日のブログで触れています。

 

上の写真も高さが足りない、と言われても仕方ない感じです。

 

フェンスを設置する意図として、外部から容易に侵入できないようにする、ですが、このフェンスでは軽くひとまたぎです。

子供でも簡単に越えられます。

 

とはいえ、悩ましい話です。今からフェンスをやり直すとしても、費用負担はどうしたら良いでしょうか?

 

容易に侵入できなければ良し、と割り切って、

フェンスの上部に有刺鉄線を張り巡らせる、とかが、もっとも低コストな対策になりそうですね。

 

フェンスを設置したまでは良かったのですが、その主旨をきちんと理解していない、という手抜きが、

やり直しを招く、という残念な事例と言えそうです。

 

 

以前書いたブログもご参照下さい。

・太陽光発電所 メンテナンス最前線(不適切なフェンス編)

・フェンスと標識の設置についてフェンスと標識の設置について

 

 

 /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「施工店がO&M需要を獲得する方法」無料セミナー 10/30東京にて開催 ←今すぐお申し込みください!

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

2018/10/19 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

産業用太陽光発電所のメンテナンス・不安のご相談はお気軽に『新エネルギーサポーター』まで(無料)

 

 

新エネルギーサポーターへのお問い合わせ 03-5829-6424 メールでのお問い合わせ
PVトレシススマホ用 再生エネルギー 太陽光発電協会 NEDO 資源エネルギー庁

メルマガ登録・解除フォーム過去のメルマガ見る

登録・解除はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

株式会社エナジービジョン O&M事業部
〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-9-3 池原ビル3階