メニュー

logo2

太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電O&Mブログ

環境省の若手職員が政策提言!

作成日:2018年10月21日(日)

 

日本PVプランナー協会の東日本合同地区会に参加しました。

環境省の地球温暖化対策課 河田 洋平 課長補佐の講演で、

環境省の若手職員が行ったという政策提言についてお話を聞きました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【太陽光発電のO&Mは、エナジービジョンが運営する全国対応『新エネルギーサポーター』にご相談ください。

『新エネルギーサポーター』では、低コストでしっかりとしたオペレーションとメンテナンスをご提案します。】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

IMG 5013

 

 環境省の若手有志メンバーが部局の枠を超えて、自由かつ大胆な発想で今後必要な政策について、2017年夏以降、

議論を重ねて、

「脱炭素イノベーションへの挑戦~目の前のリスクをチャンスに変える。発想の転換で未来を築く~」

という政策提言をまとめました。

 

2018年7月23日に中川環境大臣にそれを手渡したそうです。

 

有志メンバーが部局の枠を超えて、という動きが、どのぐらい稀有なことかは分かりませんが、

たぶん、将来に対する非常な危機感を持っているんでしょうね。

 

将来、自分たちが主役になった時、国がボロボロになってしまっていては…、と。

今すぐ、将来のためにできることをやっておかないと、と。

 

その政策提言について、今回お話しいただきました。

 

上の図が全体構想を表していますが、端的に言ってしまえば、

 

・地域が自立する

・自立した地域同士が連携する

・循環・共生=サステナブル=持続可能な社会 

 

を目指す、ということです。

 

そのキーとして、再生可能エネルギーが主要な役割を果たします。

 

先日の山本達也先生の講演でも、自立、分散、協調がキーワードとなっていましたが、目線は同じですね。

(もうひとつ、寛容、という言葉も山本先生はおっしゃってました。)

 

あちらからもこちらからも、同じような話が聞こえてきます。

いつまでも古い価値観、古い成功体験にしがみついていては、次のチャレンジができません。

 

潮目が変わった、と感じますね。

 

 /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「施工店がO&M需要を獲得する方法」無料セミナー 10/30東京にて開催 ←今すぐお申し込みください!

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

2018/10/21 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

産業用太陽光発電所のメンテナンス・不安のご相談はお気軽に『新エネルギーサポーター』まで(無料)

 

 

新エネルギーサポーターへのお問い合わせ 03-5829-6424 メールでのお問い合わせ
再生エネルギー 太陽光発電協会 NEDO 資源エネルギー庁

メルマガ登録・解除フォーム過去のメルマガ見る

登録・解除はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

株式会社エナジービジョン O&M事業部
〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-9-3 池原ビル3階