メニュー

logo2

太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電O&Mブログ

パネルの汚れは洗浄した方が良いの?

作成日:2018年10月22日(月)

 

太陽光パネルの洗浄について、ある発電事業者から質問を受けました。

現時点で分かっていることをまとめてみます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【太陽光発電のO&Mは、エナジービジョンが運営する全国対応『新エネルギーサポーター』にご相談ください。

『新エネルギーサポーター』では、低コストでしっかりとしたオペレーションとメンテナンスをご提案します。】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

IMG 4985

 

先日、ある発電事業者から「太陽光パネルの洗浄はどう考えたら良いの?」と質問を受けました。

 

通常、パネルの角度が15度以上あれば、およその汚れは雨水で流れ落ちる、と言われています。

多少、汚れは残りますが、その汚れを洗浄するコストと、きれいになったことで得られる売電金額のアップとを、

比べた時、「あえて洗わなくても」という判断になることが多くあります。

(洗っても、どうせ1、2ヶ月経てば同じように汚れるので)

 

ただし、汚れの度合い次第でもあります。

発電量が期待値に比べて10%以上も落ちているようなら洗った方が良いかもしれません。

遠隔監視のデータなどで、しっかり検討する余地があります。

 

具体的に数字を出してみると、

・汚れで10%発電量が下落すれば、低圧50kWの発電所で、年間約20万円の損失

・1回5万円で洗浄すれば、4回洗ってフルに発電すればトントン

 ・冬場はもともと発電量が低いので目をつぶって、3回だけ洗って売電金額が17万円戻ってくれば、2万円の得

こんな感じです。

 

洗浄コストを1回5万円と設定しましたが、ここが安ければ、もっと得になります。

 

と、ここまでは、これまでも考えていたのですが、最近、どうもこれだけでは考えが足りないかも、と思い始めました。

 

汚れの固着を考慮に入れていない、からです。

 

パネルの汚れは放置年数が長くなると固着して洗っても落ちなくなるのではないか?、という話が出始めています。

もしそうなら、汚れを小まめに落とさないとパネル性能を劣化させてしまい、

発電量が下落した分はパネル交換しないと取り戻せない、ということになります。

 

それではパネルが故障したのと同じですよね。

 

汚れが固着すると本当に二度と落ちないのか?、という部分、まだ明確には分かりませんが注意しておくべきこと、と言えそうです。

 

 

 /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「施工店がO&M需要を獲得する方法」無料セミナー 10/30東京にて開催 ←今すぐお申し込みください!

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

2018/10/22 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

産業用太陽光発電所のメンテナンス・不安のご相談はお気軽に『新エネルギーサポーター』まで(無料)

 

 

新エネルギーサポーターへのお問い合わせ 03-5829-6424 メールでのお問い合わせ
再生エネルギー 太陽光発電協会 NEDO 資源エネルギー庁

メルマガ登録・解除フォーム過去のメルマガ見る

登録・解除はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

株式会社エナジービジョン O&M事業部
〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-9-3 池原ビル3階