メニュー

logo2

太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電所 メンテナンス最前線(集電箱編2)

作成日:2018年10月27日(土)

 

『神は細部に宿る』という言葉があります。

細かいところまできっちり手を抜かず仕上げることが仕事の本質を高める、という具合に理解してますが、
太陽光発電所の設計・施工・メンテナンスにおいては、残念ながら手抜きが横行しています。
そんな“神が宿らない”発電所の事例を紹介します。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【太陽光発電のO&Mは、エナジービジョンが運営する全国対応『新エネルギーサポーター』にご相談ください。

『新エネルギーサポーター』では、低コストでしっかりとしたオペレーションとメンテナンスをご提案します。】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

IMG 2250

 

昨日紹介した集電箱とは別物で、少し古い写真(2015年頃)ですが、

「そう言えば、あの写真、ブログに載せてなかったかもー」と思い出し掲載します。

 

知り合いの施工店からもらった写真なので詳細は分かりませんが、それでもインパクトありますよね。

集電箱の中がすごいことになっています(笑)。

手作り感満載、一品物の芸術作品と言っても良いでしょう!

 

ちなみに、良い施工例も載せておきます。

IMG 2621

 

配線の取り回しが揃っていて、見た目にきれい。

無理に曲げすぎたりせず、それでいて箱内にスムーズに収まっています。

 

どちらも低圧発電所の集電箱の中身ですが、施工店によってこんなに違う、という例です。

 

まあ、上の方は『芸術作品』ですから手抜きなどと言ってはいけませんね(笑)。

 

ただし、安全性の面からは、とても20年持たないでしょう。

高い電圧が掛かる部位でもあり、このままではきっと発火します。

(見つけた施工店が、危険過ぎる、という判断ですかさず交換したそうですが)

 

神が宿らない発電所だと言っても良いですかね(笑)、

昨晩、TVで「もののけ姫」見た影響か?、逆に、神が憑いているような気もしてきました(汗)。

 

 /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「施工店がO&M需要を獲得する方法」無料セミナー 10/30東京にて開催 ←今すぐお申し込みください!

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

2018/10/27 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

産業用太陽光発電所のメンテナンス・不安のご相談はお気軽に『新エネルギーサポーター』まで(無料)

 

 

新エネルギーサポーターへのお問い合わせ 03-5829-6424 メールでのお問い合わせ
再生エネルギー 太陽光発電協会 NEDO 資源エネルギー庁

メルマガ登録・解除フォーム過去のメルマガ見る

登録・解除はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

株式会社エナジービジョン O&M事業部
〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-9-3 池原ビル3階