メニュー

logo2

太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電O&Mブログ

認定取消しの外堀は埋められました

作成日:2018年11月15日(木)

 

資源エネルギー庁が、2018年11月8日に、

「新FIT制度に基づく標識、柵塀の設置義務に関するお知らせ(注意喚起)」文書を公表しました。

以前「小委員会」で検討していた方向性そのままで、今後、問題ある太陽光発電所に対して、

厳しく規制するための下準備、と言えそうです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【太陽光発電のO&Mは、エナジービジョンが運営する全国対応『新エネルギーサポーター』にご相談ください。

『新エネルギーサポーター』では、低コストでしっかりとしたオペレーションとメンテナンスをご提案します。】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

329391

 

以前、小委員会」について書いたブログはこちら

 

ポイントとしては、

「標識、柵塀等を未設置の事業者には、報告徴収、立ち入り調査、指導、改善命令、

 認定取消し等の厳格な対応を速やかに行ってはどうか?」 

 という部分。

 

今回公表された文書は、

これを受けて、「ここから厳格にやる」という意思表示です。

 

「事前に予告したよね?それなのにやってない、というのは悪質」と言うための準備です。

 「何も言わずにいきなり厳しくするなんてひどい!」と、後から突っ込まれないための予防措置。

 

認定取消しという厳罰を実施するための外堀は埋められました。

 

ここから先、伝家の宝刀が、いつ抜かれてもおかしくない、そんな状態です。

ちゃんとやっていれば、何も怯えることはありませんが、高をくくっていると大変なことになります。 

 

 

2018/11/15 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

産業用太陽光発電所のメンテナンス・不安のご相談はお気軽に『新エネルギーサポーター』まで(無料)

O&Mに関する最新情報をメルマガでお送りしています。このページの最下部の登録フォームからご登録ください。

 

新エネルギーサポーターへのお問い合わせ 03-5829-6424 メールでのお問い合わせ
PVトレシススマホ用 再生エネルギー 太陽光発電協会 NEDO 資源エネルギー庁

メルマガ登録・解除フォーム過去のメルマガ見る

登録・解除はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

株式会社エナジービジョン O&M事業部
〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-9-3 池原ビル3階