メニュー

logo2

トラブル事例

トラブル事例

漏電が疑われるトラブル

「発電所にトラブルが発生したらアラートメールを送信する」遠隔監視ステムのアラート発報。メーカーの謳い文句を信じて、この機能に頼りきりの事業者もおられますが、アラート発報は「トラブルを決して見逃さない」という訳ではありません。

1ストリング発電停止しても、アラートは発報されないこともある

高圧発電所の場合、遠隔監視システムを設置している比率は高いですが、せっかくのシステムを上手く活用できていない、残念な例が少なくありません。もっとも望ましくないのは、「遠隔監視システムのアラート発報に頼りすぎている」ケースです。遠隔監視システムのメーカーの宣伝文句では、「発電所にトラブルが発生したら、自動でアラートメールを送るので見逃さない」と謳っています。ですが、実際にはアラート発報されないトラブルも多く、例えば、ストリングの断線や接続箱の不具合、出力抑制も把握できないことがあります。PCSの故障なら、RS485インターフェイスでPCS情報を取得するタイプの遠隔監視であれば、まず見逃すことはありません(稀に見逃す場合もありますが)。それでもパネル側の不具合については、発電量でチェックするしかありません。

※PCS(Power Conditioning Subsystem):パワーコンディショナーの略称ひとつの発電所を何分割してチェックしているか、という部分も関係しますので一概には言えませんが、総発電量の20%ダウンぐらいまではアラートを発報しないよう設定するのが一般的です。センシティブにしすぎると誤報が多く、アラート発報慣れしてしまい、いざ重大事故という場合に見逃してしまう危険性があるからです。しかし、アラート発報が発生しないくらい軽微なトラブルだから気にしなくても構わない、という訳ではありません。
例えば、ストリングの断線は次のような売電ロスを招きます(1ストリング15直列の場合):

1ストリングの断線 ⇒ 年間約15万円の損失
2ストリングの断線 ⇒ 年間約30万円の損失
3ストリングの断線 ⇒ 年間約45万円の損失

太陽光発電システムは生物ではありません。自然治癒することなどありえません。したがって、発電量は下落する一方になります。さすがに50%ダウンやゼロになれば、鈍感に設定した遠隔監視でもアラート発報してくれますが、その段で気付いても後の祭りです。それまでに累積した損失額は、売電損失補償保険でもカバーすることは不可能です。低圧発電所であれば、多少見逃しても大した金額ではありませんが、高圧発電所の場合は損失は甚大になります。よって、アラート発報だけに任せきりにせず、日々の発電量を目視で継続的に確認することが大切です。毎日チェックすることによって、徐々にその発電所の癖が分かるようになり、不具合に気付きやすくなるからです。また、週1回/月1回の頻度で、遠隔監視のデータを様々な角度から解析するのも有効な方法です。もしその時間を確保できないというのであれば、日常管理をプロに任せることを検討したほうが良いでしょう。気付かないうちに年間数百万もの売電ロスをしてしまうことを考えれば、保険のようなものです。ただし、「日常管理、お任せください」と喧伝しているO&M業者が、実はアラート発報をチェックするだけだった、なとどいう笑い話も耳にします。O&M業者に依頼する場合は、どのような解析手法で管理を行うのかを、しっかりと確認していただきたいと思います。

新エネルギーサポーターへのお問い合わせ 03-5829-6424 メールでのお問い合わせ
再生エネルギー 太陽光発電協会 NEDO 資源エネルギー庁

メルマガ登録・解除フォーム過去のメルマガ見る

登録・解除はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

株式会社エナジービジョン O&M事業部
〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-9-3 池原ビル3階